投資

2022年第36週目(9/5~9/9)運用結果『円安で生き残れるのか?!』

どうも、Sスタです。

先週も急速に円安が進みました。

1ドルがついに24年ぶりに145円目前まで迫まってきました。
現状、売りトラップが多いなか、急激な円安と利上げによるマイナススワップ拡大という悩ましい種があります。

かといって、これから買いで入る気にもなれず、売りポジションは損切りするよりも収支は若干悪くても持ち続けている現状です。

私のFXの投資スタイルは、3つのそれぞれのいいところ🌈を取っています。

●マネーパートナーズの連続予約注文で手動トラリピ(コスパが良い)

●マネースクエアの本家トラリピ(自動で楽チン)

●SBIFXトレードとLIGHT FXで裁量トレード(少額でも出来る)

ただし、それぞれが万能というわけではなく、メリットデメリットがありますので、良いところを活用しています。

2022年第36の手動トラリピの運用結果

手動トラリピの運用結果は、新規は22回・決済9、金額は2,586円でした。

ユーロ/円は143.6円~147.6円まではこれまで50銭間隔でトラップを入れていたのですが、1円間隔で100pipsで利確に変更しました。これでトラップ本数を減らして、円安を耐えることにしました。

金曜日、日銀の黒田総裁の口先介入があり少し円高になったので、早速1回500円の利確がありました。

通過別では、ユーロ/円とカナダドル/円のポジションが増加しました。

手動トラリピ 36週目クローズ時点のポジション

先週よりも含み損が12万円ほど増え、約39.2万円になってしまいました😢

売りトラップも上限寸前。ここで止まるという保証もありませんが、トラップの上値付近ではレンジにはならずにあっという間に通過するだけになりそうなので、一部は通常の倍にトラップの間隔と利益幅を広げました。

手動トラリピ 36週目クローズ時点(証拠金維持率446%)

今週は証拠金維持率も、先週の586%から446%にがっつり下がりましたね💦
手動トラリピの含み損が一時は40万円を越えてました。またすぐに戻るかもしれませんが・・・。

2022年第36のトラリピの運用結果

トラリピの成績ですが、利確は4回金額は2,409円でした。

利確はすべて米ドル/カナダドルです。ユーロ/円とオージーキウイは不発でした。

トラリピ 36週目クローズ時点のポジション

ユーロ/円の売りトラップは上限、オージーキウイは先週は下がっていくと思わせて1.12を超えてきてしまいました。軽く1.13を超えるようだと買いのトラリピも上にレンジを上げるかもしれません。

最近、バランスよく約定しているのはドル/カナダです。1.30を境にボラティリティもあり入ったり来たりを繰り返しているので、これだけは順調です。

2022年第36週目の裁量トレードの運用結果

裁量トレードの運用結果は、1,768でした。

裁量トレードは少額ですが、メキシコペソ/円が7円を越えたので利確しました。
ユーロ/円の売りも少しやって

2022年 36週目のまとめ

36週目のトータルの運用結果は、6,763でした。

手動トラリピもトラリピも想定するレンジ幅の上限まできているため、これ以上円安が進行すると厳しい状態です。このまま青天井に進んでいくとキリがないので、どこかでストップロスで損失を確定しないといけないかもしれません。

何とか損失を少しでも抑えて、生き残るように頑張ります!!

今週も最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログ村のランキングに登録をしています。 執筆の励みになりますので、応援クリックもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へにほんブログ村 為替ブログへ