ライフスタイル

投資の前にすること

「収入が少ないから、投資にまわすお金がない」と思っていませんか?

このサイトを見に来てくださる方は、そう思う方が多いと思います。

投資で頑張って月に数百円~数千円の利益を出す前に、まずは家計のバランスを整えましょう!!

これによって、投資の利益よりも大きな金額を捻出することが可能になります。

投資や株でお金を増やす前に、やるべきとっても大事なこと

お金を増やす=投資ではありません。

投資の前に、家計のバランスを整えることが先です。

まず自分の生活でどれぐらいの収入があって、支出があるかを把握していますか?

家賃や住宅ローン、保険料を1年でどのくらい払っているか、計算したことはありますか?お小遣いを飲み代やギャンブルなどで、知らない間にどんどんお金が消えていっていませんか?食材や洋服、レジャーで散財している人は、どれぐらい1ヶ月で使っているか計算してみましょう。

お金を貯める法則はとってもシンプル

収入 − 支出   =  プラスになること

これだけです。
これを繰り返していくと、必ずお金は貯まって増えていきます。

とはいえ、大きな支出(車検・子供の入学金・家電の買い替え)があると単月ではマイナスになる月もあると思います。

現状を知るために、まずは年単位で収支表を付けてみましょう。

書くのはノートでもエクセルでも構いません。
出る答えをプラスに変えていきましょう。

年収支がマイナスになる場合、なるべく支出をコンパクトにしていこう。

①固定費の削減(住宅ローンの借り換え・保険の見直し)

毎月定額で支払うものが減額できると効果が大きいです。保険料も、どんな保障内容でいくら払われるか確認したことはありますか?同じような保険にいくつも入っている場合、過剰に保険料を払っている場合があります。一度、保険証券を確認してみましょう。

②携帯料金のプラン変更

自分の使用量にあったプランに変更しましょう。
キャリアで大容量プランは必要ですか?

我が家も家族3台、ahamoに変更したので年間10万円以上節約できるようになりました。
ネットで申し込みが必要など制約はありますが、メリットとデメリットを比較して、自分にとって最適なプランを選びましょう。

③保険料など年払いに変更する

自動車保険や生命保険、NHKの受信料など、どうしても払わなければならないものは月額払いよりも年払いや半年払いを検討しましょう。年払いの支払い月がまとまると大きな出費ですが、年間収支をエクセルか家計簿で書いておくことで、いくら出費があるのか準備しておくことが出来ます。

④クレジットカードやコード決済(ペイペイやd払い、楽天ペイ)の還元率が高いものを使 う

クレジットカードではポイントが1%以上付くカードもあります。また、コード決済のキャンペーン情報を見たりして、その時お得な決済方法で払うのをおすすめします。ただし、お得だからといって、普段買わないものを余計に買ってしまうのは控えめにしましょう。

⑤ローンがある場合は、金利が高いものから優先的に返済する

私自身もカードローンがあった間は負のスパイラルに陥ってました。大きな買い物をするとまとまったお金を払いたくないので、分割払い(24回とか36回とか)にしていた時期がありました。
金利が無金利なら使わない手はないですが、クレジットカード払いの場合通常15%ほどの金利が付いてきます。これは投資をやっていると実感しますが、年利で安定的に10%以上稼ぐことは難しいということです。10%稼いで、15%払っていたら、貯まるものもたまりません。
ローンは目的が決まっているものほど低い金利で借りることが出来ます。住宅ローンや教育ローンは比較的に低く、何に使ってもよいローンほど金利が高くなります。
住宅ローンを繰り上げ返済して、後からお金が足りなくなってカードローンをしたら意味がありません。

上記の5つを削減することで、少し余裕が生まれると思います。

ただし、食費を削るとか、10円でも安いものがあったらそちらを選ぶというのは、あまりおすすめしたくありません。何のために生活しているのか分からなくなってしまいます。1日3食、バランスのいい食事をしましょう!!健康な体が収益をうむエネルギーになるはずです。

5つを削減してもマイナスになってしまう場合、収入源を増やすことを検討していきましょう。収入と節約を組み合わせることで、お金が貯まる体質に変わっていきます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ